革製品 キーケース

【キーケース】リングとフックの使い方とスマートキーの収納について

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。

本日はキーケースについて書いてみます。
キーケースに「リングとフック」がついていますが、それぞれの用途を知っていますか。

キーケースとは

キーケース

「キーケースとはなんですか?」
↑↑ このような質問がきたら正確に答えられますか?

キーケースとキーリング、さらにはキーホルダーやキーチェーン。
鍵を持ち運ぶと言う目的は同じです。

違いは、名前の通り入れ物(ケース)と言う事。
キーケースは鍵を包み、傷や汚れから保護する役割があります。

書き出してみると、当たり前のことなのですが意外と分からなかったりしますね。

キーケースが入れ物だという事がわかりました。
それでは本題のフックとリングの使い分けについてです。

キーフックとキーリングの使い分け


結論から言ってしまうと、
キーリングもキーフックも用途は同じ、鍵を持ち歩く事です。

ですが、写真のような三つ折りタイプのキーケースは設計する時に

  • キーフック : シリンダーキー(一般的な鍵の事)
  • キーリング : スマートキー

という、使用用途でデザインしている事が多いです。

キーフック

キーフックは対応できる鍵の厚みが、1cm以下の場合が多いです。
一般的なシリンダーキーのキーヘッド(鍵の頭)の厚みが5mm以下なので、1cmもあれば充分事足ります。

ただこれが、スマートキーとなると、厚みが1cm〜の物が多い為、キーフックに挟む事が難しくなります。
もし、キーフック側にスマートキーを取りつけたい場合、フックとスマートキーの間にリングを挟むようにしましょう。

※リングを使わず無理にスマートキーを取り付けると、キーフックが破損する可能性があります。
また、スマートキーにも傷が入ってしまうのでやめましょう。

キーリング

そこでキーリングが活躍するわけです。
そもそも、三つ折りタイプのキーケースにキーリングが付くようになったのは、ここ数年の話。

それまでは三つ折りキーケースといえば、キーフックのみが定番でした。
キーリングが付くようになったのはスマートキー化が進み、キーフックのみでは収納が難しくなった事が要因の1つと言われています。
各メーカーにより、デザインの意図や用途は異なりますが、少なくとも僕の勤務先のメーカーではこの認識になってます。

キーケースを腰から下げるのはありか?


キーリングの用途として、ベルトループやキーチェーンを取り付けて腰からぶら下げる使い方ができます。

便利な使い方なんでお勧めの使い方なのですが、アイテムによってはやらない方がいいです。

特にハイブランド系のキーケースでやってはダメです。
一気に安っちく見えます、ブランドの良さが台無しです。

(ヴィ○ンとか多いですよね・・・イキりたい高校生みたいなのでヤメましょう。)

ハイブランド系のキーケースはカバンに収納することをお勧めします。

スマートキーがキーケースからはみ出る

これはもう、どうしようもありません。
使ってるキーケースとスマートキーの相性が良くなかったといことです。

スマートキーの形状は車メーカー事に大きさが異なるので、それらを踏まえた上でキーケースを選びましょう。
そんな中でも僕のオススメの形状のキーケースをいくつか紹介します。

ファスナータイプ


スマートキー、シリンダーキー全体を革で覆うイメージです。
これならスマートキーがはみ出す心配はありません。

ラウンドファスナー、L字タイプがのアイテムがあります。
大きく開き、容量もあるので鍵の本数が多い人にオススメです。

マルチケース (マルチキーケース)


マルチケース = 複数、多様の名前の通り様々な使い方ができる万能ケース。

イメージで言うと、『コインケース + パスケース + キーケース = マルチケース』
一体型キーケースと考えて貰えれば、分かりやすいかと思います。

画像のアイテムは、お財布+キーケースのような作りになっています。
荷物を減らしたい人にオススメです。

まとめ

キーケースのフックとリングの違いについて書いてみました。
最初に書きましたが、フックもリングも鍵をつける事で、用途は同じになります。

設計の段階でデザイナーはお客様の使用イメージを抱きながらデザインしますが、お客様の手に商品が渡った時点で使い方は自由です。
一番使いやすい方法を探してみてくださいね^^

-革製品, キーケース
-,

© 2021 Web担当者の憂鬱 Powered by AFFINGER5