革製品 キーケース

【はみ出る】キーケースの使い方 車の鍵が入らない時の収納について【スマートキー】

2020年4月18日

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。

便利だけど大きいスマートキー。
もし、キーケースにが収まらなかったらどうしますか??

キーケースから鍵がはみ出る問題について書いてみます。

キーケースとは

キーケース

キーケースとは名前の通り、鍵(キー)の入れ物(ケース)となります。
鍵を包み、傷や汚れから保護する役割があります。

キーケース以外にも「キーリング」・「キーホルダー」・「キーチェーン」などがありますが、「鍵」を持ち運ぶ目的は同じです。

ざっくり言うと、「ぶら下げる」か「収納する」かの違いになります。

ヒロ
よろしければこちらの記事もどうぞ!!

【どうしてる?】家の鍵と車の鍵(スマートキー )を一緒に持ち歩くには【キーケース】

それでは本題の「キーフック」と「キーリング」の使い分けについてです。

キーフックとキーリングの違い

結論から言ってしまうと、
「キーリング」も「キーフック」も用途は同じで、鍵を取り付け持ち運ぶ事です。

  • キーフック : シリンダーキー(一般的な鍵の事)
  • キーリング : スマートキー

一般的にですが、「キーフック」にはシリンダーキー。
「キーリング」はスマートキーを取り付けるイメージになります。

キーフックの付け方

キーフック
キーフックは対応できる鍵の厚みが、1cm以下の物が多いです。
一般的なシリンダーキーの厚みが5mm以下なので、1cmもあれば充分余裕があります。

ただ、スマートキー(車の鍵)となると厚みが1cm〜の物が多いので、キーフックに挟む事が難しくなります。
もし、「キーフック」に「スマートキー」を取りつけたい時は、キーフックとスマートキーの間に「リング」を咬ませる様にしましょう。

注意ポイント

※リングを使わず無理にスマートキーを取り付けると、キーフックが破損する可能性があります。
また、スマートキーにも傷が入ってしまうのでやめたほうがいいです。

キーリングの付け方

キーリング
そこで「キーリング」が活躍するわけです。
最近では珍しくありませんが、三つ折りタイプのキーケースにキーリングが付くようになったのはここ最近の話です。

それまでは三つ折りキーケースといえば、キーフックのみが定番でした。
スマートキー化が進み、キーフックのみでは収納が難しくなった事が要因の1つと言われています。
各メーカー、デザインの意図や用途は異なりますが、少なくとも僕の勤務先のメーカーではこの認識になってます。

車の鍵(スマートキー)がキーケースからはみ出る

キーケース はみ出る
三つ折りタイプのキーケース(ロールタイプも含む)は底が開いている為、スマートキーの大きさによっては、はみ出てしまいます。

画像のキーケース、愛用のイルビゾンテですが、マツダ車のスマートキーをつけると下から「ヒョコっ」とお尻が見えています。

ヒロ
他のシリンダーキーの影響もありますが、サイズを確認せずにポチった自分が悪いです・・・苦笑

格好悪いですがこればっかりは、どうしようもありません。
スマートキーの形状は自動車メーカー事に大きさが異なるので、それらを踏まえた上でキーケースを選びましょう。
使っている「キーケース」と「スマートキー」の相性が良くなかっただけです。
では、キーケースを選ぶ時どのようなポイントに注意すればいいのでしょう。

キーケースを購入する時のポイントとは

一番確実で失敗がないのが、自動車メーカーの「スマートキー」に合わせて作られた「キーケース」を選択することです。
例えばですが、「トヨタ専用」、「マツダ専用」のように探せばいくらでも出てきます。
もっと絞れば、「車種別」に作ってるメーカーも多く存在します。
絶対に外したくない人は、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょう。

では、本題の一般的なキーケースの話です。

ヒロ
※これはあくまで僕のキーケースの着用例になるので参考程度に読んでください。 全てには当てはまらないので悪しからず。

サイズは以下の通り。

  • スマートキー:W3cm × H8cm × D1cm (素人採寸)
  • キーケース:W6cm × H10cm × D3cm (メーカーサイズ)

サイズだけ見ると充分余裕がありそうですよね??

「キーリング」や「キーフック」には「可動域」があります。
鍵の収納にはピッタリですが、前後の動きに余裕があり、お尻がはみ出てしまう訳です。

途中で書きましたが「キーケース」と「スマートキー」の相性が悪かったと言うだけです。
もしも気になる場合、三つ折り以外のキーケースを検討してみてはいかがでしょう。

鍵をしっかり収納する4つのキーケース

キーケースといえば「三つ折りタイプ」の形状が一番ポピュラーかもしれませんが、実はもっと便利で使い勝手がいいキーケースが多数販売されています。
最近の「持ち物事情」に合わせて進化した、便利なキーケースを4つ紹介します。

フルカバータイプ

フルカバータイプのキーケースで、全体を覆ってしまう方法です。
その中でも「HUKURO」さんのキーケースは「入れたままでも操作ができる」と言うのがいいですね。
ややゆとりのあるサイズ感で、ほぼ全車種対応の万能キーケースです。

素材も「赤タグ」で有名な栃木レザー。
エイジングが楽しみな商品ですね。

ファスナータイプ

スマートキー、シリンダーキー全体を革で覆うイメージです。

「ラウンドファスナー」、「L字ファスナー」様々なタイプがあります。
ファスナータイプの特徴は大きく開き、見た目以上に中身がたくさん入ります。

鍵の本数が多い人にオススメの形です。
ファスナーで閉めてしまえば、鍵がはみ出す心配はありません。

マルチケース (マルチキーケース)

マルチケースとは汎用性があり使い方に縛りのないケースを指します。

イメージで言うと、『コインケース + パスケース + キーケース』の様なアイテムを指します。
「一体型アイテム」と考えれば分かりやすいかと思います。

この様なミニポーチに「鍵」と「少量の現金」を入れてコンパクトにしている人も増えています。
昨今のキャッシュレス化もあり、「荷物をひとまとめにして手間を減らしたい!!」という人におすすめのアイテムです。

財布一体型


出典元:洛景工房(らくけいこうぼう)

何度かこちらのブログでも取り上げてますが、「財布にスマートキーを入れてしまおう!!」と言う新しい革小物です。

「キーケース」に小銭やカードが入るアイテムはよく見ますが、こちらの「SMART MOVE!」の様に「キーケース」とも、「お財布」とも言えないアイテムは見たことないです。

ラウンド型のハーフウォレットですがスマートキーが2本入ります。
それだけでも驚きですが、4蓮キーフックもついているのでティンブルキーも収納可能。
もちろん財布としても使えます。

「ほぼ全部入る」いいコンセプトですね!!

まとめ

鍵が収まらない時は「鍵とキーケースの相性が悪かった」と諦めるしかないです。

キーケースを購入する時は、鍵とキーケースのサイズチェックを行った上で購入しましょう。
参考になれば幸いです!!

-革製品, キーケース
-,

© 2021 Web担当者の憂鬱 Powered by AFFINGER5