革製品 キーケース バッグ

【どこにつける】ランドセル用キーケースは危ない? 子供への鍵の持たせ方について【紛失防止】

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。

最近は共働き家庭が増え、小学生くらいのお子さまが「鍵」を持ち歩くことが一般的になっています。
ただ、鍵の取扱いを巡り「外付けのキーケースは危ないのでは?」 との意見があります。

子供の鍵の持ち歩きについて、考えてみます。

ランドセルに外付けキーケースは危ない??

ランドセル キーケース
メーカーにより異なりますが、最近のランドセルは「肩ベルトにDカン」がついています。

キーケースやキーホルダーが取り付けられると言う理由もありますが、「防犯ベル」が普及したことが要因と言われています。

また、昔はランドセルの横にしか荷物をかけるフックがなく、「体操着」や「上履き」を下げた袋が巻き込まれてしまう事故があったそうです。

ヒロ
確かに、小学生の頃「フック」に掛けた体操着を振り回して遊んでたような・・・

そのような事例から、ランドセルは安全面に考慮し使いやすく進化してるようです。

そんな進化したランドセル。
鍵はどこに取り付ければ良いのでしょう。

子供に鍵を持たせる時の注意点

ランドセル 鍵
キーリングなどで鍵を裸で下げると、以下のようなリスクがあります。

  • 鍵っ子だとバレる可能性
  • 紛失の可能性

それぞれ詳しく解説します。

鍵っ子だとバレる可能性

小学生が「自宅の鍵」を持ち歩いていることがわかったら、犯罪者にとっては「いいカモ」状態です。

それこそ、後をつけられて留守を確認されてしまったら「アウト」ですよね。

ランドセルに「あからさまなキーケース」を下げている小学生を見かけますが、あれでは「鍵っ子アピール」をしているのと同じですので、なるべくならやめた方がいいでしょう。

ヒロ
そこまで気にする必要もないんだけど、子供が小さい内はちょっと気になりますね。

鍵を持ち歩いていることは、極力周りにバレないように収納するよう気をつけましょう。

紛失の可能性

特に低学年のお子様ですと、物の分別がつきにくく「鍵の管理」にリスクがつきまといます。

基本的にキーケースによく使われる留め具は「ナスカン」 になります。
キーケース ナスカン

↑↑こんなヤツですね。

ナスカンは簡単に外せますから、手が届く位置にキーケースがあったら触って遊んじゃうんじゃないでしょうか。

なるべくなら、普段触らない位置に収納した方がいいでしょう。

ちなみに、「キーケース」や「パスケース」を落とす人、大人でも多いです。
なぜわかるかと言うと、勤務先にクレームとして頂くので 笑

大体が、「パスケースの紐が切れて落とした」・「キーケースの金具が壊れて・・同文」などなど・・・

リールや金具は消耗品なので、絶対安心という事はありません。
安全を取るなら、バッグ内に収納した方がいいです。

子供に鍵を持たせる時のポイント


お子様に「鍵」を持たせる時、何に注意すれば良いのでしょう。
注意すべきポイントは以下の3つ。

  • 住所と一緒にしない
  • 目立たせない
  • 落としても見つかる

それぞれまとめます。

住所と一緒にしない

低学年の頃は、持ち物を落としやすいです。
持ち物に「名前」や「住所」を記入している親御さんも多いのではないでしょうか。

ただ、鍵に住所は絶対NG。

悪意のある、第三者に拾われた時、家の場所がわかってしまいます
犯罪に巻き込まれる恐れがあるので、鍵と個人情報が特定できる持ち物を一緒にする事は避けましょう。

目立たせない

最前提として、お子様が「鍵」を持っている事を人に知られたくない訳です。
それこそ、同級生にも知らせる必要ありません。

ヒロ
子供は珍しい物持ってると「イジり」たがるからね・・・

外付けのキーケースは便利ですが「鍵を持っている」と、即分かってしまいます。

キーケースを選ぶ時、目立つアイテムは避け、ランドセルと同色のアイテムを選ぶなど、目立たない工夫をしましょう。

防犯面が心配なら、面倒でも内ポケットに収納する方がいいでしょう。
最近のランドセルは内ポケット内に、Dカンがついてる物も多いです。

直接ポケットでは危ないので、伸縮する「リースストラップ」などで下げて、ポケットに入れておけば外から見えませんし、落とす事もないでしょう。

「鍵をランドセルに入れておくと、玄関前でもたついて留守を狙われ危ない」との意見があります。

こちらの意見も正しいので、最終的にはお子様と話しあって取り付ける場所を決定してください。

落としても見つかる

「外ポケット」でも「内ポケット」でも落とすときは落とします。

ただ、もし落としても見つかれば大丈夫。
「なくさない」と言うのは、見方を変えれば「見つけやすい」と言う事です。

落としてもすぐに見つかる、または落としても心配がないという状態。
予め、紛失しそうな持ち物に「予防線」を張っておきましょう。

鍵の紛失防止には「スマートタグ」をお勧めします。

鍵の紛失にはスマートタグで予防を

スマートフォン
「スマートタグ」って知ってますか??

ポイント

スマートタグとはIoT技術(ネットと物が繋がる技術の事)を、利用した忘れ物防止ツール
鍵や財布に「タグ」をつける事で、連動したスマートフォンのアプリに「現在地や忘れ物通知」を送信し「忘れ物を防ぐ」ことを目的としています。

世代により異なりますが、スマホの普及率は80%を超えており「アプリ」の使用も当たり前になっています。
そんな便利な時代だからこそ、「カギの紛失」のような不測の事態にはスマートに対応したいですよね。

気をつけてても、お子様は持ち物を紛失しがちです。
だからこそ、「スマートタグ」をお守り代わりに取り付けて、お子様の「持ち物」を見守ってはいかがでしょう。

まとめ

お子様の鍵の持ち歩き方法について、まとめてみました。

最近のランドセルは凄い進化していますね。
僕は30半ばなんですが、ランドセルの色も選択肢がなかったし、装備もほとんどついてなかったです。

ヒロ
男の子は黒、女の子は赤の時代でしたね・・笑

「ブザーが必要」・「鍵の取り付け」など、子供を取り巻く環境が「昔と今で」だいぶ変わってきているので、それに合わせてランドセルも進化を続けています。

時代背景に合わせて、適切な「持ち物」を持たせてあげましょう。
参考になれば幸いです。

-革製品, キーケース, バッグ
-,

© 2021 Web担当者の憂鬱 Powered by AFFINGER5