財布 バッグ・小物

【クラファン】クラウドファンディングの「薄い財布」をまとめてみる 【おすすめ】

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。

皆様、「Makuake(マクアケ)」や「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」というサイトはご存知でしょうか。

いわゆる「クラウドファンディングサイト」になるのですが、僕はよく「お財布」をチェックしています。

その中でも個人的に「面白い!!」と思ったアイテムをまとめてみます。

クラウドファンディング(クラファン)とは

クラウドファンディング(クラファン)とは

「クラウドファンディング」はざっくり説明すると「資金調達」を目的に行われます。

主に「3つの型」に分かれており、下記の通り。

  • 購入型 / プロジェクトに賛同してくれサポーターから「開発費用」を集めます。 サポーターはプロジェクト完了後「※リターン」が受け取れます。

  • 寄付型 / プロジェクトに対して、サポーターがお金を「寄付」するシステムです。 「リターン」は基本的には発生しませんが、お礼の手紙や写真などが贈られることもあります。

  • 投資型 / 「ソーシャルレンディング」と呼んだ方が馴染みがあるかもしれません。資産運用を考えいる投資家(サポーター)から資金を集め、事業資金を必要とする企業に融資するシステムです。この2者を結びつける仕組みです。

ポイント

※ All or Nothing 、All inと分かれており、「All or Noting」の場合、目標資金に達成しないと商品は作られません。

日本にも様々なクラウドファンディングサイトがありますが、Makuakeに掲載されているプロジェクトのほぼ100%が「購入型」です。

ちなみに、マクアケは「クラウドファンディング」→「応援購入サービス」と名称を変更し「アタラシイものや体験を応援購入しよう。」とコンセプトに掲げています。


リターンがなく、「寄付型」のプロジェクトは「CAMPFIRE」に多い印象ですね。

ヒロ

新作発表の「テストマーケティング」の場所として、利用してる企業さんも多いですね。

面白い商品が見つかる

冒頭に書きましたが、僕は「Makuake」や「CAMPFIRE」が好きです。
眺めてるだけでも面白いし、実際いくつか購入をしています。

例えば、これ。

電動空気位入れ」ですね。

購入したのが2年前で、2020年前後。
今じゃAmazonとかでも当たり前に売ってますが、当時は結構珍しいアイテムだったんですよね。

ヒロ

ガソスタで入れるのが、面倒だったんですよ。
バイクを入れると、3台もあったので地味にストレスと言いますか・・

実際買ってみたら凄い便利 笑

この金額なら文句なしです。
こんな感じでクラファンには、面白いアイテムが沢山あります。

MakuakeやCAMPFIREで見つけた財布

MakuakeやCAMPFIREで見つけた財布

僕は皮革製造メーカーの人間なので「バッグや財布」等に注目して、サイトをウロウロと巡回しています。

勉強にもなるし面白いんですよね。

その中でもクラファン(資金調達)として成功した「お財布」を独断でピックします。

条件は以下の通り。

  • 調達額が1000万越え (※総額ではなく一つのプロジェクトの調達額)
  • クラファン終了後に一般販売を開始している
  • 「長財布」・「ミニ財布」でジャンル分け

では、いってみましょう!!

薄い長財布 (L字・かぶせ・ラウンド)

TIDY2 / Hallelujah

大阪のHallelujah(ハレルヤ)が展開するL字長財布。

紙幣が約20枚・小銭20枚・カードが15枚と、充分な量が収納可能。

それだけでなく、キーポケットや、通帳まで収納できるフリーポケットが配置されています。

余分なパーツを省く事で厚みを減らし、ダウンサイジングに成功。
ほぼ、「1万円」と同等サイズです。

日本だけでなく海外でのクラファンでも成功しており、シリーズ累計の資金調達額が「2億円」を超えるお財布となっています。

支援金額サポーター横×縦×厚(cm)重量販売場所
39,241,062円3,403人17.2×10×1.8(cm)125g各モール、自社EC

自社EC」の他、楽天、Yahoo、Amazonなどの「ECモール」でも購入が可能です。

Smith カードが立つ財布 / RUBATO&Co

カードを「縦」に収納するL字長財布。

一見、「蛇腹」っぽく見えますが、革に穴を空けたシンプルな作りになっており、財布の中でカードが縦に整列する構造です。


L字に開いた時カードが大きく拡がり、ワンアクションで中身にアクセス
余計なファスナーを設けないことで、即座な支払いを可能にしています。

紙幣15枚、小銭20枚、カード20枚と余裕のある収納設計。

まだまだ入りそうですね。
これで厚み2cmは凄くスリムではないでしょうか。

支援金額サポーター横×縦×厚(cm)重量販売場所
26,009,780円1,606人18.0×9.5×2.0(cm)125g自社EC

取扱は「自社EC」のみでの扱い、しかも現在庫はなく全て「予約扱い」になります。

ヒロ

常に5ヶ月先まで完売が続いており、人気が伺えます。
「クラファン」 → 「一般販売」の理想の成功例と言えますね。

FRAGMAN Zip / STATUSY

カードポケットが「外側」に向き出しになった革小物「フラグメントケース」。

そもそも、「フラグメント」とは「断片」を意味します。
財布のカードポケットだけを抜き出したイメージの長財布ですね。

そんな「フラグメントケース」を長財布として発売したのが、STATUSYの「FRAGMAN」シリーズです。

収納設計として、紙幣50枚、小銭20枚、カード10枚。
それに鍵2本とレシートスペースとなっています。

普通の財布と違い、カードが表出ているので、カード使いが主な人には使いやすいのではないでしょうか。

また、薄マチなのでスーツの内ポケットに入れても気になりません。

支援金額サポーター横×縦×厚(cm)重量販売場所
12,708,000円567人17.5×8.5×1.5(cm)不明各モール,自社EC

販売場所は「自社EC」の他、「各ECモール」で購入可能です。

ヒロ

まだ一般販売化されてないので紹介してませんが、「STATUSY」はMakuakeの財布部門で歴代1位(2022/07現在〜)の8400万の資金調達を「il modo ZIP」で達成しています。

ミニマリストにおすすめミニ財布(折り財布)

Hitoe® Fold / SYRINX

財布関連のプロダクトで、初めて大台の「1000万」超えを達成したのが「SYRINX」だと記憶しています。

ヒロ

初めは2019年の「未来ショッピング」だったはずです。

「薄いL字長財布」と「小さく薄い二つ折り財布」どちらも大成功。

その頃より、クラファンに出品される財布は「サイズ競争」になりましたね 。

いかに「小さい」か「薄いか」・・・・「SYRINX」の背中を追う図式になりました。

改良を重ね、「完成形」となったHitoe® Fold 。

収納設計は紙幣15枚、小銭20枚、カード6枚と、見た目にそぐわぬ収納力があります。
金具類を使用していない為、フラットで美しい見た目に仕上がってます。

財布を開ける時のギミックが素敵で、コインポケットを巻き込みながら「くの字」に曲がって拡がります。

支援金額サポーター横×縦×厚(cm)重量販売場所
78,540,000円2,480人8.9×9.1×0.9(cm)33g自社EC

2020年4月までは「各モール」での購入が可能でしたが、以降はモールから完全撤退しています。
現在は「自社EC」のみ。

これにはデザイナーの「佐藤氏」の考えがあり、利益よりもブランドの成長を目指してとの事です。

JITAN / HUKURO

僕の記憶が正しければこちらの「JITAN」も2019年だったはず。

この時期から「縦使いの薄型折り財布」が爆発的に増えました。

JITANは名前の通り、「時間短縮」から来ており動作の時短を狙ったお財布。

フラップを開けると全ての中身にワンアクションでアクセスできる設計、コインポケットにフラップはついておらず、お札で蓋をする面白いデザインです。

収納設計は紙幣10枚、小銭15枚、カード13枚を収納して厚みが約2cm。
充分ですね。

革は定番の「栃木レザー」。エイジングも楽しめそうです。

支援金額サポーター横×縦×厚(cm)重量販売場所
20,960,100円2,619人9.85×12.3×1.0(cm)45g各モール

「各モール」にて取扱いがあります。

SAKU/moku

夫婦で立ち上げたレザープロダクト「moku」。
※mokuの意味は(momoさん & Takumaさん)の名前から、一字ずつ取ってつけたそうです。

ご夫婦で展開する新進気鋭のブランドです。

こちらの「SAKU」は「ICHI」と言うお財布を、ブラッシュアップした作品。

特徴はフラップを閉めた状態で、小銭が取り出せるポケット
両端を少し摘むことでパクっと口が開き、サクッと小銭の出し入れが可能です。

小銭にダイレクトにアクセスできるので、財布を開く必要がありません。

収納設計は紙幣25枚、小銭20枚、カード8枚。
普段使いには十分な収納力ですね。

支援金額サポーター横×縦×厚(cm)重量販売場所
23,570,660円1,307人9.4×8.9×1.2(cm)49g自社EC

素材はイタリアンレザーの王道、「ブッテーロ」と「プエブロ」で展開。
こちらもエイジングが楽しみな一品です。

自社EC」で購入が可能です。

お札が折れないミニ財布/ COTOCUL

「薄い財布」の趣旨とは逸れてしまうかもしれませんが、紹介したいアイテムなので混ぜます。

ミニ財布の悩みというと、お札を「三つ折り」や「四つ折り」と小さく折り畳まないと収納できない事ではないでしょうか。

ヒロ

お札が折れる、曲げ癖がつくという事ですね。

自販機で弾かれたり、レジの人に嫌な顔をされたり・・・なるべくなら、お札は折らずに収納したい所です。

そんな「ミニ財布」ユーザーの悩みを解決したお財布が「COTOCUL」のミニ財布です。

一見、「蛇腹構造」の普通のミニ財布ですが、お札を腹の底にはわす事により、折らずに収納出来る構造になっています。

まさに、ありそうでなかったデザインと言えます。
収納設計は紙幣15枚、小銭20枚、カード10枚前後、ミニ財布では充分でしょう。

支援金額サポーター横×縦×厚(cm)重量販売場所
17,541,500円1,680人8×9.9×3.5(cm)50g各モール,自社EC

京都のメーカーさんになり、豊富なカラー展開でバリエーション違いのアイテムも多数扱っています。

「各モール」・「自社EC」で購入可能です。

usuha3/点と線

折り財布の「最小」の限界に挑み続ける、「点と線」の折り財布「usuha」。

クラファンの回数を重ねるほどに、デザインをブラッシュアップ。
徐々に小さくなり、究極の(?)8.6×8.9cmと言うサイズを生み出しています。

ここまで小さいと「ボックス型コインケース」と大差ありません。

収納設計はカード6枚・硬貨20枚・お札15枚と、充分な収納力。
このサイズ感で驚きの収納力を実現しています。

本体を開かずに使える「カードポケット」のデザインは秀逸で、小銭ポケットの側面を押し込むようにすると口が拡がりカードを引き出せます

この「側面からカードが出せる」ミニ財布は結構あるのですが、使っているうちに革が伸びカードの脱落の恐れがありました。
しかし「usuha」の場合、小銭ポケットがストッパーの役割を果たしているのでその心配がありません。

特許申請済の考え抜かれたポケットです。

支援金額サポーター横×縦×厚(cm)重量販売場所
32,864,354円1,018人8.6×8.9×1.1(cm)不明自社EC

こちらも「自社EC」での取り扱いになりますが、「受注生産」のみのようです。

毎月1日に翌月の受付がスタートとアナウンスがあるので、興味がある方はチェックしてみましょう!!

まとめ

クラファンに出品されていた「財布」についてまとめてみました。
一覧にするとこんな感じです。

メーカー形状支援金額サポーター横×縦×厚(cm)重量販売場所
TIDY2 / HallelujahL字長財布39,241,062円3,403人17.2×10×1.8(cm)125g各モール、自社EC
Smith カードが立つ財布 / RUBATO&CoL字長財布26,009,780円1,606人18.0×9.5×2.0(cm)125g自社EC
FRAGMAN Zip / STATUSYL字長財布(フラグメントケース)12,708,000円567人17.5×8.5×1.5(cm)不明各モール,自社EC など
Hitoe® Fold / SYRINX折り財布78,540,000円2,480人8.9×9.1×0.9(cm)33g自社EC
JITAN / HUKURO折り財布20,960,100円2,619人9.85×12.3×1.0(cm)45g各モール
SAKU/moku折り財布23,570,660円1,307人9.4×8.9×1.2(cm)49g自社EC
お札が折れないミニ財布/ COTOCULかぶせミニ財布17,541,500円1,680人8×9.9×3.5(cm)50g各モール,自社EC
usuha3/点と線折り財布32,864,354円1,018人8.6×8.9×1.1(cm)不明自社モール

この表にありませんが、「STATUSY」の「il modo ZIP」が8400万の資金調達を達成しており現段階(2022/07)では財布部門トップです。

もう、支援総額「1億」の影がチラついてます。

一型で大きな金額を集める事ができる、「クラファン」は夢がありますね!!
次はどんなヒット作が出てくるのでしょうか・・・楽しみです。

参考になれば幸いです。

-財布, バッグ・小物
-,