皮革製造メーカーに勤めるWEB担当者のブログ

革製品

【最初から傷が・・】革財布の傷は味の一つ? 経年変化と劣化について【気にしない】

投稿日:

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。

財布に傷をつけてしまった時・・・気になりますか?
または最初から傷が入っていた場合、どうしますか?

財布の「傷」について考えてみます。

傷つきやすい革とそうでない革


「財布の表面に傷をつけてしまった・・・」

新品の財布だと尚更ショックですよね。
ワザとじゃないにしろ、財布には傷が増えていきます。

そんな革財布の傷、あなたは気にしますか。
それともエイジングとして割り切りますか??

“革”と一括りにされがちですが、『傷つきやすい革』と『傷がつきにくい革』があるんです。

鞣し(なめし)とは


本題に入る前に、そもそも「革」ってなんだかわかりますか??

まず、「皮」とは牛や馬から剥いだ肌の部分。
この皮はそのままにしておくと、すぐに腐敗が始まり硬くなり柔軟性がなくなります。
そんな「皮」を薬品を使い処理して「革」へとを製造する工程を「鞣し(なめし)」と言います。

「なめし」という漢字は「鞣し」と書き、「革」を「柔」らかくするという意味。

では、鞣しにはどのような種類があるのでしょう。

鞣しの違いと経年変化と傷の関係

「鞣し」はタンナー(革製造メーカーの事)により技法が異なります。
その中でも代表的な鞣しは2種類。
「タンニン鞣し」「クロム鞣し」それぞれ特徴を簡単にまとめます。

タンニンなめし クロムなめし
原料 樹皮などから抽出される植物の”渋” 塩基性硫酸クロムという金属化学薬品
質感 硬くて丈夫 厚い 柔らかい 薄い
良いところ ・経年変化(エイジング)が楽しめる
・天然素材(薬品等の不使用)
・革を育てる喜び
・水に強い
・傷に強い
・汚れに強い
・色の変化が少ない
・メンテナンスの必要がほぼ無い
悪いところ ・傷がつきやすい
・水に弱い
・重い
・大量生産不可(工程が大変な為高い)
・経年劣化に近いイメージ
・エイジングはほとんどしない
・アレルギー体質の人は注意が必要

タンニン鞣し


植物タンニン鞣しとも言われます。
化学薬品を使用せず、樹皮などから抽出される植物の”渋”(植物タンニン)で鞣した革です。
スッピンの革「ヌメ革」がこれに該当します。

タンニン鞣しの一番の特徴はエイジング。
使い込むほどに革が柔らかくなり飴色に変化、自分で育てる楽しみが味わえます。

クロム鞣し


鞣し工程の際、「塩基性硫酸クロム」と言う薬品で鞣した革です。

特徴としては耐熱性があり、傷が付きづらい
また、タンニン鞣しと比べると、変色が少なく、革も薄く軽量で柔らかいので、加工がしやすくメンテナンスの必要もほぼ無し、エイジングもあまりしません。

※高級車のシートやソファ、レザージャケット等に幅広く使われています。
何年経っても大きな変色がありませんよね。

この事から現在の流通量は「タンニンなめし2割:クロムなめし8割」とも言われています。

イメージが掴めたでしょうか。
では、本題の”傷”についてです。

財布の傷についての考え方

革は動物の皮を加工した物ですから個体差があります。
それこそ”傷”が入っていたり”ホクロ”があったりなんてザラです。

これらの傷は”染色”の工程で隠されます。

傷やホクロなどを隠さず仕上げる染色を「素上げ」と言います。
薬品などを使用せずに、革本来の表情を残し”スッピン”の状態で仕上げます。
素上げの場合、革の表面に残るキズやシワを隠しません。

逆に「顔料仕上げ」という染色。
こちらは革全体に顔料を吹きかけて、革の上から色をのせます。
この方法なら傷が完全に隠れます。
革に膜が張られるイメージといえば近いかな。

素上げ 染料仕上げ 顔料仕上げ
仕上げ 薬剤をほとんど使わず磨いて仕上げる 素材の質感を生かしながらアニリン染料で色付け スプレーなどを使い顔料を色をのせる方法
エイジング あり あり なし
傷は隠してない

傷はつきやすい

傷は薄くなっているが隠している訳ではない

傷はつきやすい

傷を隠している

傷はつきにくい

特徴など ヌメ革 革本来の商品が欲しいならこれ 栃木レザーやブッテーロ など ビビットな色使いも可能 革らしくなくなる?

つまり素材によって財布の傷は味にもなるし、みすぼらしくもなるという事です。
財布の傷が気になった場合、まずは素材に注目してみましょう。

「革」と一言にいいますが、加工の違いでメンテナンスも異なります。
別の素材と考えても良いくらいです。

エイジングする革なら傷は味の一つになりますが、エイジングしない革は劣化に近いイメージでしょうね。

まとめ

染色作業は人間の”化粧”によく例えられます。
スッピンに近い「素上げ」 → 厚化粧の「顔料仕上げ」。
こんな感じ。

女性の化粧と同じですね 笑
財布を購入する時の参考になれば幸いです。
参考になれば幸いです^^

-革製品
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【許容範囲】革のバッグが”重い”と感じる重さは何グラム 【軽い素材?】

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。 皆さんの使っているバッグの重さはどれくらいですか?? 重たく感じたりしていないでしょうか。 快適に持ち歩ける「バッグの重さ」についてまとめてみます。 ヒロ@皮 …

パスケース 穴

【穴の意味】定期入れやパスケースの透明ポケットの穴について

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。 本日もパスケースについて書いてみます。 パスケース (定期入れ)のクリアポケットの穴、何で開いてるか知っていますか? ヒロ@皮革製造業のWEB担当財布やバッグ …

パスケース

【落ちる】パスケース(定期入れ) の中身が落ちる問題について【抜け落ち防止】

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。 本日もパスケースのお話。 パスケースの中身が落ちるトラブルと、その対策について書いてみます。 ヒロ@皮革製造業のWEB担当財布やバッグを製造している、皮革製造 …

二つ折り財布

【いる? いらない?】コインケース(小銭入れ)は必要か 財布の代わりになるのか??

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。 長財布を持ち歩くとき、コインケースを一緒に持ち歩く事が良しとされています。 理由は何故でしょう?? また、コインケースは財布の代わりになるのでしょうか。 ヒロ …

【ボロボロ】手帳型スマホケースがひび割れてダメになる理由【素材と寿命】

皮革製造メーカーのWEB担当 ヒロです。 フラップ付きで便利な手帳型スマホケース。 男女問わず人気なアイテムですが、寿命が早いとの声があります。 理由についてまとめてみます。 ヒロ@皮革製造業のWEB …